1−4.[補足]バビロニア小史




 古代シュメール語では「神の門:ディンギルラ」と呼ばれて、アッカド語で「バベル」、それが英訳されて「バビロン」と呼ばれるようになった。メソポタミアは、北部のアッシリアと、南部のバビロニアとに分かれている。このバビロニアの南部にシュメールの地が位置している。
 古代メソポタミア、古くは北メソポタミアの山岳地帯にネアンデルタール人が住居しており、シリアからネアンデルタール人の骨が発掘されている。この点は重要ですが、今回は触れません。
 尚、画像については創元社[メソポタミア文明][バビロニア]から抜粋しました。


◇バビロニア略史
 前2900〜2330:ウル第一王朝。ラガッシュ王朝など。
 前2330〜2100:アッカド王朝。サルゴン大王セム国家を建国。
 前2100〜2000:ウル第三王朝の繁栄。
 前1953   :マルドウクが神のランク50(地球司令官)を獲得。
 前1894〜  :古バビロン王朝始まる。
 前1750〜1600:第六代ハムラビ王はバビロニアを統一。
 前1600〜1000:バビロンの復活(イシン第二王朝)
        アッシリアとバビロンの覇権争い。
 前1000〜 612:アッシリアがバビロニアを制覇。
    前721:北イスラエルがアッシリアにより滅亡。捕囚となる。
 前 612〜 539:新バビロニア。
        アッシリアを倒し、国の支配権を握る(カルディア王朝)。
    前587年:南ユダ王国滅亡(バビロン捕囚)。
 前 539〜 330:アケメネス朝ペルシャのキュロス王に、バビロン滅ぼされる。
 前 330〜 130:アレクサンダー大王がペルシャを支配する。


◇シュメル人は白髪(金髪)・碧眼
 神官の衣装は仕える神によって異なってはいるものの、神々の神殿に仕える神官はシュメル人で、神への忠誠を誓う為に、頭髪と髭を剃り、上半身裸の姿をしている。
 また、遺物をよくみると、シュメル人の特徴としては、非常に大きな目、高い鼻、ラピスラズリの碧眼が特徴です。おそらく頭髪は金髪か白髪で、まさに純粋な白人のような容姿だったのだと推測されます。
 一方ウルの高官は、帽子をかぶりエジプトのような付け髭をしている。おそらく、王の姿だろうと推測されます。

      
     青目のシュメル人       ウルの高官       アッカド人

 アッカド王の顔には、黒髪の現生人類のようで、顎髭と鼻髭がある。シュメル人は、黒い頭の人類に比べ、明らかに白髪・金色の目のアヌンナキの血統に近いのです。
 以前先生とニビル星人の容姿についてお話ししている時、サタン・ダビデ(サタン・ナブー)は白髪・金色の目だとおしゃられました。長楕円を描く軌道のニビル星までは太陽光が届かず、火山の光を光源としていた。地球と比べ暗い世界であり、暗い世界で視力を確保するために、夜行性のメガネザルの様に目が大きくなった。大きな目を頭蓋骨が支える為に鼻が高くなった。加えて、夜行性の猫のように、網膜を通過した光を反射して再度網膜に送り込むような仕組みが発達し、闇夜に光る眼、すなわち金色の目を獲得したのだと思われます。
 夜目の効く猫には、霊体が見えているのだけれど、猫はちっとも気にしていず平気なのですと、先生がおっしゃられていました。だから、夜目の効かない人類とは違い、夜目の効くアヌンナキには肉体も霊体も日常生活の主要な隣人だった。つまり、アヌンナキには霊体の姿も声も聞こえており、霊・肉を合わせた社会システムが日常の生活だったと推断されます。だからこそ、死後霊体となった神々は、アヌンナキに遺伝的に近く、霊能のあるシュメル人を神官としたのだと理解できます。


◇アッシリア略史
 アッシリア最古の都市はアッシュールで、エンリルの後を継いでいる。アッシュール神殿は、古バビロニアと同じく青と黄色を基調とするが、明るく活気に溢れており、クレタ文明の伸びやかで明るい雰囲気に似ている。エジプトのアテン神への宗教改革と同じ頃(出エジプトと同じ頃)に、アシュールウバリット一世のもとでアッシリアが始まる。

 トクティル・ニヌルタ一世:在位前1244〜1208年
   バビロニアを征服し、守護神マルドウク神像を持ち帰った。
   彼の死後、バビロニアの属領に転落した。
 サルゴン二世:在位前721〜705年
   サマリアを陥れ、イスラエル王国を属州とする。
   前708年、バビロンに勝利し、マルドウクの前で即位を行った。
   尚、サルゴン二世の守護神は、エンリルの孫の女傑イナンナ神である。
 センケナブリ王:在位前704〜681年
 エサルハンド王:在位前680〜669年
   古代オリエントの二大中心地、エジプトとバビロニアを統一する。
 アッシュルバニバル王:在位前668〜626年
   王の死後、王権争いのうちに衰退する。

   
      アッシュール神殿               バビロン


 アッシュール神は、エンリルの長子で正統な王位継承者のニヌルタとエンリルの末子・アダトによる新しい展開で、有翼円盤をシンボルとした。この有翼円盤は、アクエンアテンのアテン神信仰、ペルシャのゾロアスター教へと引き継がれる。エンリル王権の正義の印である。

        



◇正法と古バビロニア:前1890年頃
 エンリルの後を継いで、マルドウクが神々の王となり、古代バビロニアを神々と人類の中心地として建国した。古バビロニアは青と黄色を基調とする威厳に満ちた都市だった。しかし、その地位もしばらくすると、マルドウクの長子ナブーのために危うくなった。
 ナブーを神として崇拝する儀式が最初におこなわれたのは、彼のジグラットがあるボルシッパにあるエ・ズィダ神殿だったと言われている。しばらくすると、ナブーは「バビロン市の祭神とされたマルドゥックの代官」と呼ばれるようになり、「神々の書記官」として、書記の守護、文字を書き記すことを司る役割をニサバ女神から奪ったとも。勿論、マルドゥックの最愛の息子・王子と呼ばれていた。
 そのなかで、バビロニアを統一したハンムラビ王(在位前1792〜前1750年)は、ハムラビ法典を施行し、その中で自身の役割について「内外の敵から国を守ること、決断力を持って賢く国を治め、厳格な規律と分別ある行動を人民に課すことである。」と述べている。
 更に、法典の中で最も強調されているのは、王による「正義と公正」である。
 科学者であるマルドウクは、宇宙自然の営みを絶対的な真理とし、これを基準の法として「正義と公正」を王に求めた。そこで宇宙の法則という意味を込めて御自身を「絶対神」と呼ばれた。正法の原型である
  ※十戒には黄泉がない。霊・肉の両者に適応される律法である。


◇歴代ルシファー
 ナブーとは、アッカド語で[輝くもの]を意味し、ルシファーと同じです。これは偶然ではありません。
 ナブー神は、バビロニアの知恵、文学、学術の神、書記の守護神で、ボルシッパの都市神であった。ナビウムとも呼ばれました。文字を発明し、文字を書くこと、天文学、そして人間の運命の決定も司ります。また農作の神であり、平野を灌漑する地下の水源を開き、飢饉や災害を未然に防ぐものでもあります。天体は水星で、母のサルパトニはイナンナから金星を奪い、ナブーと共に権勢を盾にしていた。また、ナブーの偶神は知恵の女神タシュミット、または穀物の女神ニサバと言われている。
 ルシファー神話に天使の三分の二を裏切らせ堕天使としたとあるが、まさにエンキの事で、初代ルシファーはエンキである。ルシファーの特徴として、天の王の次に座し、光り輝くとあるが、天王の後継者のことを意味しており、二代目ルシファーはサタン・ナブーである。三代目シファーについては、先生が天に戻されました。

  ※タシュミット Tashmit [知恵]あるいは[聞き手][啓示]
   バビロニアの守護、慈悲、愛、生殖能力の女神。また、山羊座の女神です。
   配偶神はナブー神で、同じくボルシッパに神殿がありました。
   ナブーとタシュミットの像によると、彼女は偉大な耳を持ち、野獣の角を掴み、
   言論と沈黙の力を暗示しているのだそうです。


◇ナブーはヤハウエとして君臨した
 バビロンにボルシッバの塔がある。塔のレンガはガラス化しており、神々の核戦争で攻撃を受けていたのでしょう。この塔は、ナブーに捧げられたジグラッド(天と地を繋ぐ架け橋)で、ヘロドトスによれば、階の一つ一つは一週間の守り神を象徴する色に塗り分けられていた。最上階には、天と地の調停者であるナブー神を祀る祠が建てられていたという。
 このナブーのジグラッドの構造は、父マルドウクのバベルの塔に酷似しており、これを真似て作ったのだと推測されます。その事によりマルドウクからヤハウエを引き継ぎ、自己を第四代ヤハウエだと誇示しているのでしょう。
 エンキは神々の核戦争では、兄弟親族で殺しあったと述べている。しかし、エンキの言葉が事実であれば、戦後にエンリルを継いだマルドウクが、裁判も無しに敵対した親族の神々を許すとは思われないのです。この点についても、後に伺ってみようと思います。


◇ナブー王朝=新バビロニア略史
 ナブー王朝は下記のとおりで、ナブーの名を冠した二人の王はサタン・ナブーの支配下にあり、ナブー一族の神官と共に、第三代、第四代目のルシファーへと、死後化身したことでしょう。

  ナポポラッサル王:在位前626〜前605年  … 原名ナブー・アバル・ウスル
  ネブカドネザル2世:在位前605〜前562年 … 原名ナブー・クドゥッリ・ウスル
  ナボニドス王:在位前556〜前538年    … 原名ナブー・ナイド
  ペルシャザル:ナブーが付かない。

 新バビロニアが衰退した原因は、ナボニドス王が主神であるマルドウク紳の祭儀を軽視し、人心が離れた。前539年、マルドウク神の信奉者に裏切られバビロンは戦わずして、ペルシャのキュロス王二世(在位前559〜530年)の手に落ちたのでした。キュロス王は、マルドウクの正当な後継者として、即位した。ついには、前330年、バビロンはアレキサンダー大王に征服され、完全消滅する。
 一方、ネブカドネザル2世の死後、貨幣経済の発達から、エギビ一族、ムラシュ一族のような高利貸しまたは大銀行家が、王、高官、地主、起業家に金を貸し付け、実質的な支配者としてのし上がっていた。貧富の差が広がり、中産自由民の没落、奴隷の増加による社会不安が増大。銀行対神殿、商人対神官・庶民が激化し、後続の王は暗殺により短命であった。
 この銀行家がカナン(ギリシャ人はフェニキアと呼ぶ)へ、次に欧州に渡り金で貴族(黒い貴族)となり、国際金融家から三百人委員会へとつながる。


◇マルドウクの随獣ムシュフシュ
 ムシュフシュはシュメル語で「恐ろしい蛇」の意味である。ムシュフシュの図像は蛇の首と鱗状の胴、ライオンの前脚そして鳥の後脚を合成した姿である。
 ムシュフシュは古くはエシュヌンナ市の都市神ニンアズ神の随獣であった。バビロンのハンムラビ王(前1792−1750年頃)がエシュヌンナ市を征服した後で、ムシュフシュは出世してバビロン市の都市神から バビロニアの最高神に出世した。マルドウク神の随獣となり、後にはマルドウクの子であるナブー神の随獣にもなった。
 つまり、蛇を原型とし、ムシュフシュが創造され、翼の生えた龍と変化していく。この流れは、蛇をシンボルとするエンキ→ムシュフシュを随獣とするマルドウク→龍を随獣とするナブーへと移動し、ナブーの出自を表している。あの有名な“666”の事です。


◇全知全能の神として君臨
 ナブー支配下のバビロン住人とナブー神との関係について、かなり明らかになっています。その生活の様子について説明します。
 バビロンに移住したセム人ですが、他のセム人とあまり似ていない。同胞に見られる想像力と表現力を、忘れてしまったかのようだからだ。バビロンでは、すべての現象を知り、理解し、分類し、整理し、分析し、合理的に理解しようとした。膨大な文章を読み、学び、理解することができるのは、学者などのごく一部のエリートだけだった。しかし、現象を司る法則・原理については、神の知るところであり、エンキのアカデミー同様に教えることはなかった。
 現象を整理・記憶して、実際の個別案件に対応するための技師(メンテナンスの保守要員)を養成していたように思われる。実際に物事を取り決めるのは神々であり、神々は人々に命令を与え、人々はこれを忠実に実施することが求められていた。
 だが、例えば同じ計算を個別案件ごとに繰り返す中で、その法則性に気づくこともあった。そのような秀才は、別途神々により取り立てられていた。
 この科挙の試験のようなアカデミー制度により、官僚機構が整っており、学校で長期の訓練を受けた政府高官は一部の特権階級として、創造的な仕事ではなく、文書作成、公証人、秘書、行政文書、法律文書を転写や作成した。例えて言えば、旧約の一字一句間違えることのない律法家、イエスの時代のユダヤのパリサイ人のような人々と、律法を課す王である。他にも、聖書の暗号を守り続けるために、旧約聖書を一字一句間違えることなく守り続けたユダヤ人にも当てはまる(聖書の暗号については神々が守るように導かれたとのこと)。
 当時、占いもまた学問であった。
 神々は未来を知っており、様々な暗示「お告げ」を通じて人に知らせる。「お告げ」は当人に対する神々の決定を意味している。未来を知るには神からの「お告げ」を読み取らなければならない。王たちは「お告げ」を知るために占い専門家のセンターを作り、人智を超えた災害への備えをしていた。
 例えば、耳のない子が生まれる、逆子が生まれる、体つき、気質、夢、天体の動き、出会い、気象現象、内蔵の形状などの現象と未来の出来事を整理分類した。神々が悪い決定「不幸」を下すのは、神々の意思に反して犯された過ち、すなわち罪を償わせるためだと考えられていたのだ。
 一度神々から罰が下されると、神々より下位で人間より上位の「憲兵」により刑が執行される。この「憲兵」とは「悪魔」「悪霊」に他ならない。どうすれば邪悪な「憲兵」が刑の執行をやめるのか、神々が「前兆」「暗示」「お告げ」によって人間に教えているというのである。そのため「悪魔祓い」が日常的に行われていた。
 バビロン人にとって、死は神々から課せられた「運命」だった。死の瞬間に影のような分身が体から離れ、幽霊のように宙をさまようと考えられていた。残った肉体は神々の決めたとおりに、地中に埋めていた。生前の善行や犯罪による裁きの概念は存在しなかった。何人も、家族の供えるささやかな食物をとりながら、死後の生を続ける。しかし、一方で王が死ぬと一族も一緒に死んでいる。つまり死後の世界での追従者を必要とする霊団を形成する思想があり、死後の世界は安穏とした世界ではなかった。
 まとめると、バビロニア人は冷静で、豊かな情緒とはあまり縁がない。神々への義務とは、物質的な奉仕以外の何ものでもない。神々の命令に忠実であろうとするかどうか個人の問題でしかなく、それも単に制裁を免れるためにそうしているのであって、命令を守ったからといって裁きを受けずに済むというわけではなかった。単に用心のための方策に過ぎない。結局、サタン・ナブーが旧約聖書の中でヤハウエを詐称し、呪う神・復讐する神、全知全能の神として、恐怖による人類支配を行った。まさに、新バビロニアでも同じだったのだと推測されます。
 ちなみに、ナブーは知の神であり、膨大な科学情報を整理蓄積していた。それ故、絶対神に対抗して、自己を全知全能の神と誇示したのでしょう(その通りですとのこと)。
 マルドウクの妻サルパトニの民はシュメル人で、夫マルドウクが支配した古バビロンでは王妃として君臨し、一族もまた優遇されていた。新バビロンでは、ナブー一族が神官の長と王を兼ねていたとしても何ら不思議ではない。その内でも、ナブを冠する王、神官の中でも律法学者・パリサイのような人々が、まさにサタン・ナブーの一族なのだと推測されます。

  ※サタン・ダビデ:黄金の目、白髪 …夜行性
   ニビル星人:大きな目、黄金の目、白髪 …夜行性
   シュメル人:大きな目、白髪碧眼 …夜行性(大洪水後、金髪碧眼、目小さく)

  ※関連して、シュメル人は、下級アヌンナキではないかと推測される。
   だから、シュメール人やインカの神官などは、その文明の滅亡と共に消え去った。
   勿論、本当に消えたのではなく、火星他の基地、地下基地に移住して、地球を人類の
   手に委ねたのだと思われます。

  ※ティアマトの衛星に人類型生命体が進化し、ニビル星との衝突により、当時ティアマ
   トと同程度の進化だった生存可能な火星に一時避難した。火星の大気が薄れるととも
   にニビル星へ避難した。
   宇宙人グループが、琴座、プレアデスと称しているのは、ティアマト、古代火星でし
   ょう。シリウスは、ニビル王系から離脱した王家。オリオンは火星人類もしくは、黒
   い頭の人々の一種で、ネアンデルタール人。
   肌の黒い巨人族は、古代火星人類ではないかと推測されます。

  ◆前二千年はじめ、頭部に四面の顔のある神は、四方を見渡せるようになっており、
   何時でも見ている、知っているという意味合いがあり、神の全知が強調されている。

  ◆アッシリアの悪魔パズズ…悪魔系は4枚羽
   アッカドに伝わる風と熱風の悪霊で魔神。ライオンの頭と腕、鷲の脚、背中に四枚の
   鳥の翼とサソリの尾、更には蛇の男根を隠し持つという。悪霊の王であることから、
   その彫像が悪霊を統御する護符として用いられることもあった。
   人間の体に獅子の頭とロバの歯を持つラマシュトゥを妻に持つ。
   ここに、日本の怨霊思想の原型を見る。
   やはり日本の言霊と怨霊思想は、新バビロンに起源があった



◇バビロンの行政
 神は、王にその王権の印として王冠と笏を与える。
 一方、各村には長老の議会と壮年の議会の二つがあり、王の影響からある程度自立しており、自分たちの判断で地方行政を行っていた。
 この政治システムは、祀り事は天皇家が執り行ない、実際の政治は臣民が行うという日本の国体の原型でしょう。


◇バビロンに由来する鳥居の起源
 「バビロン」とは「神の門」を意味している。これが中国では「天安門」、つまり「天神アヌの門」を意味する。日本では「神門」もしくは「鳥居」となった。一方で、「バビロン」の「神の門」はソロモン神殿や聖櫃に取り入れられ、二体の天使がシンボルとして追加された。そして、ユダヤ人の日本渡来とともに、「二体の天使と聖櫃」は「二体の鳳鳥と神輿」として日本に残された。同時に「神の門」を「鳥居」と呼ぶようになった。日本に「神門」「鳥居」の二種類の呼び方が残っているのは、日本への伝来のルートと渡来人の違いを意味している。


◇獅子と牛(一角獣)
 古バビロンでは、北のイシュタル門をくぐって宮殿に入る。道路には「花模様と獅子」が彫刻され、門には牡牛とムシュフシュが浮き彫りされている。びっくりすることに、日本の神社の門に据えられている二頭の狛犬は、獅子と一角獣()です。獅子はユダ族を、牛はエフライム族を表すシンボルです。つまり、日本はユダとエフライムの正統な末裔だということを意味しています。おそらく、古バビロンにおいてもユダとエフライムが主要部族だったのだと推測されるのです。ですから、日本民には、正法の始まりである古バビロンの正統な末裔(月氏族:蘇我氏)と、イスラエルの正統な末裔の二派が渡来してきたと言うことではないでしょうか。

                         2011/06/09、08/09 北川

⇒(1-5.ハムラビ法典の善神と悪魔へ)
(TOPへ)
[ご意見・質問]