2021年4月分 天上界からの伝言板


                      尚、※は北川による。

 千乃正法の法灯を守ろうとして、数名の有志が集まり「善と悪の闘い」を立ち上げて約10年になりました。(R2/12/5)
 これまでなんとか自力でしのいで来ましたが、この武漢ウイルス禍の影響があり、資金が不足している実情です。ご支援して頂ける志がある方は、下記のメールアドレスにご連絡をお願いいたします。
            メールアドレス<info@bewithgods.com>
 

正法について … 過去の説明資料より ⇒「愛と希望と光

  1. 正法について(pdf)/本の紹介(pdf)
  2. 私達は真理を愛する人々にメッセージを送り続けます(pdf)
  3. あなたは今、本当に幸せですか?(pdf)
  4. 最後の真実①最後の真実②最後の真実③(pdf)(R3/4/16)
  5. 詩篇EL様詩篇ミカエル様(pdf)(R3/4/17)
  6. 人は考え続ける葦である(pdf)
  7. 最期の審判とは?(pdf)/疑問を解く鍵がここにある(pdf)
  8. 2019年7月日本人は神の民である─NIHONとは(pdf)/
    2021年3月伝言ヤハウエとサタンについて(pdf)
    2020年05月悪魔は自分の存在意義を否定している(pdf)(R3/4/22)
  9. 2020年4月天上界の説く法と判断基準(pdf)(R3/5/1)
  10. ユートピア建設/正法が科学である(pdf)(R3/5/3)
    再び思いやりについて(pdf)(R3/5/3)
    業(カルマ)について(前)業(カルマ)について(後)(pdf)(R3/5/3)

  1. 2020年12月大統領選挙(pdf)/米国大統領選挙2021年1月(pdf)
  2. 2020年9月横田さん(pdf)
  3. 古代日本は鉄器文化だった(pdf)/鉄器文化から青銅器文化へ(pdf)
    2020年07月日本の三種の神器について(pdf)
  4. 2020年8月日本を取り戻す(pdf)/2020年11月米国の国体編(pdf)
    2020年07月プレアデス星人やニビル星人等々の遺伝子について(pdf)
    2020年06月神武天皇とプレアデス(pdf)(R3/4/16)
  5. 2020年4月正法は愛と立法を統合する(pdf)(R3/5/1)
  

2021/04/10 伝言に代えて

 イバンカ(3/6)テレグラム
 米軍により決められた日付は明らかにできないが、必ずWHに戻る。
 期限は大統領令より、3月21日まで! … 緊急事態宣言と同期
 自供猶予期間40日⇒(3/4頃)     … 緊急事態宣言と同期
  選挙に外国の干渉があった場合には、退任後60日以内に元の職務に戻る。その後、半年間、任務継続ができる。つまり、3月20~22日から半年間、大統領職に復帰できる。
 ※参考資料:Executive Order 13848 of September 12, 2018
  「Imposing Certain Sanctions in the Event of
   Foreign Interference in a United States Election」
 ※本件に関しては、これからもトランプ陣営の方針を監視する必要があります。(2021/04/07)



中曽根総理の国葬について


 本葬儀について、下記の1~5の事項から、これはクリントンやオバマや教皇やエリザベス女王などが米軍に裁かれているように、日本でも裁かれたのに違いないという噂が流れていますが、これはデマです!!
 米国では、フロリダのWHでも、議事堂でも、アーリントン墓地でも「半旗」です。つまり、米国が米国民が「喪に服している」という意味です。
 それは、これまでの強大な敵との戦いで戦士された英霊に対して喪に服しているのです。
 今回の国葬も、同じ意味です。
 だから、皇室の地下に黄金を隠しているとか、児童誘拐や人身売買に関与しているとか、不敬なことに洗脳されないで下さい。北(2021/03/09)

----
 中曽根氏を中央に、左右の祭壇に最高勲章が飾られている。
1.内閣府が各政府機関に中曽根氏葬儀当日の黙祷と国旗の掲揚を通達。
2.文部科学省が、国立大学をはじめとする国公立学校に対して、中曽根氏の葬儀に対し、弔意の表明を行う通達。尚、唯一、弔意表明の通達が出されたのは、昭和天皇の葬儀の時です。
3.儀仗兵の参列
 栄誉礼や天皇などの葬礼を行う際の礼式を儀仗と称し、それを行う部隊を儀仗隊と呼称する。
 「天皇の葬礼」を行う部隊です。元首相の葬儀に儀仗兵が出ることは通常あり得ません。出たのは一番最近で、昭和天皇の葬儀です。
 この直前に、防衛省令を改正し、わざわざこの葬儀だけに限って、儀仗兵を使える法律を作ってまで、儀仗兵を参列させています。
4.秋篠宮殿下の参列、皇室行事の中止
5.勲章の並べ方
 中央は中曽根氏、左右は、昭和上皇、平成上皇だと、云う説が大々的に流れている。



量子分子・メッセージング・システム(QMMS) … 北(2021/03/11、3/28)
  /生命体の本質について

 量子レベルの微小粒子は、その構造(分子化された)を持つ量子(情報)をやり取りすることで、内部状態(内部振動や表面振動や他)を変え、それが次の構造化した量子の放出を伴うかも知れない内部状態への移行とともに、運動(物理学で言うところの力学)にも繋がる。
 つまり、微小な量子だからこそ、日常の質量を持つ物体とは違った動きをすることになる。日常であれば、運動量や熱などが衝突などの大きな影響を及ぼすが、物体の内部情報を書き換えたり、これに伴い性質を変えたりという効果は微小だ。それは、衝突という概念よりも、世界中のサーバーが次々に情報を伝達するメッセージ・リレーの考え方に近いと思います。
 そして、受け渡すメッセージの内容がステップごとに変化して、システム全体が矛盾なく活動していく。それは、粒子間の衝突現象よりも、細胞内で各段階に応じて遺伝子の部分部分が次々に発現したり閉じたりして、細胞全体で生命活動を営んでいる姿に似ています。だから、ミクロの世界から見ると、生命は偶然ではなく、必然だと思うのです。
 以上は、夢の中で教えていただいた事柄を、個人的に補足した内容です。ご興味がある読者の方に、更なる検討をお願いしたいと思います。現状、私にその時間と余力がありませんから。
 それから、目が冷めた時に「モレキュール・メッセージング・システム」の概念を教えていただいたのだと思います。通常物質間の衝突ではなく、微小な微小な量子の世界の現象なので、「量子」を先頭に付け足しました。
 微小量子の場合、運動量や熱などよりも、情報のやり取りに伴う、内部構造の変動から、情報を放出したり、運動を行ったりする情報の価値が大きくなってしまう。この世界は情報・思念や思いが大きく影響する世界なのでしょう ── 強スカラー場、空間トンネル … 。
 これは細胞がウイルスのようなゲノムの一部を吸収放出にともなう細胞内部状態の変動や、動きの様と酷似している。渦巻銀河も、太陽系の構造も、同じ原理だろう。



神々の人類に対する思い、NIHONに対する思いについて
パンフレット「2019年7月日本人は神の民である-NIHONとは」の背景について(R2/4/9)


 本パンフレットを作成する上で、私達の共通認識としてのバックグラウンドの要点は下記のとおりでした。また、本パンフレットはパンフレット「2021年3月伝言ヤハウエとサタンについて」を、天上界の人類への、日本の国体への、願いについて補足する内容です。
 三種の神器のところで、「剣:出雲神族、鏡:ユダ族、勾玉:縄文人」で、これらの合体が、大和朝廷でした。[大和朝廷は大倭と日高見国の統一王朝 (日本の三種の神器) ]
 つまり、日本人は「ニホン/ニッポン」の呼び方があることに不思議を感じながらもその理由を忘れてしまっている。そして、ニホンに込められた神々の願いを書き残したいです。
 尚、「七大天使と日本歌謡」では、ヤマト:神の民としながらも、NIHONを神を忘れた民と記述している。これの修正でもあります。
 我々は三種の神器の背景を知った上で物語る必要があります。なぜなら、『メッセージ集』や『フェニックスの翼に乗って』に多々書き残されているからです。
 古代日本、縄文時代、ムー文明、イカ文明、プレアデス文明、琴座文明についてはまとまった知識として多くを語られませんでしたが、マイルストーンは確実に残されています。
 加えて、先生から私の使命の一つとして「ニビル星人」「物理学上の謎の解明」関連の追求を指示されています。

 下記、沢山書くとつかれるので要点だけ。
----
 日本には岩刻文字として「古拙シュメル文字」他が残されており、千葉の海岸沿いにはシュメル語の地名、シュメル語が多々残っています。
 つまり、縄文時代は縄文人が米国大陸に渡ったり、中国大陸では「夏・殷」を建国したり、アジアの海洋諸国へと移住した。
 その後、シュメル人が日本に渡来し、フェニキア人やソロモン王の時代に日本に渡来している。
 彼らは見知らぬ日本の地で食物を得て生きていくには縄文人の協力が必須だった。おそらく、縄文語と彼らの言葉は、方言くらいの違いしかなかったのだと推測される。

---
 EL様はニビル星が近づいてきた時、今ならニビル星に乗ったらプレアデス星へ50年で行けますとメモを先生からいただきました(2005年)。
 この証拠の一つとして、イカの線刻文字の中に黄道12星座を遊覧する惑星の航路が刻まれていて、そこには惑星に存在している知的生命体、動植物、微生物などの存在まで記述されている。[琴座から太陽系創造へ
 イカ人は恐竜と共存していた。プレアデス末期、新種族は遺伝子が変異し巨大化した。そこで、巨人族を地球に移住させたと、翼にあります。
 また、ニビル星の創造以前、ティアマトとフェイトンに恐竜が居たと、ミカエル様。そして、ニビル星が創造され、ティアマトとフェイトンを破壊し、地球と月が創造される。
 フェイトンに居た知的生命体は、進化過程がフェイトンと同じ程度だった古代火星へ移住したと推測される。
 創造されたニビルはティアマトやフェイトンや月の生命の種を持ち去ったと。だから、この生命の種子が黄道12星座へ撒き散らされ、生命の種になったと推測される。

---
 つまり、ニビル星人が「黒い頭の人類」を奴隷として創造する前に、すでに、イカ人、イカ人の子孫のムー人が住んでいた。[太陽系生命の原初について][ホピ族の五族
 ニビル星人が「黒い頭の人類」はニビル星人の国家をまとめる官僚を務めるだけの
知性がなかったので、
 ムーの子孫である、古代シュメル人、縄文人などの高度の知性を備えた種族を使役した。次第に、ニビル星人以前の種族と「黒い頭の人類」は交わった。同様に、黄金の目・白髪のニビル星人も、地球環境で子孫を残したり、これらの原住民と交わることで「金髪碧眼、茶髪碧眼」の種族が生まれた。
 
---
 さて、縄文土器などでは、宇宙服を来たプレアデス星人の像が残っている。つまり、彼らは地球環境では宇宙服を着ていないと生命を維持できなかった。
 ところが、プレアデス星人から創造されたニビル星人は、宇宙服無しで地球環境に適合していた。
 つまり、プレアデス星人には二種族があった。地球環境に適合している地球型プレアデス星人、宇宙服を来たプレアデス星人です。
 宇宙服を来たプレアデス星人は母星が住めなくなり、地球へ移住するにはハイブリッドを創造する必要があり、生体実験が必要だった。
 地球型プレアデス星人はプレアデスの戦乱を逃れ、地球へ避難し、地球の生命体の遺伝子を積極的に取り込み移住できるように進化した。しかし、母星の戦乱を鎮めるために母星へ帰還した。

 おそらく、ティアマトとフェイトン人が古代火星に移住し、古代火星人となり、次に地球ではイカ人となり、ニビルが生命を12星座に種まきをし、イカ人がニビル星に乗ってこれらの星座を巡った。
 ところが、地球では極移動という大異変が起こり、イカ文明は終演を迎え、その生き残りと、プレアデスから帰還した彼らがムー文明を築いた。
 ところが、ムー文明は大地の大爆発とともに滅亡し、生き残りが縄文人や古代シュメル人だった。
 ニビル星人は「黒い頭の人類」奴隷を創造し、そして縄文人や古代シュメル人に文明を与えた。
 その様子が、ノアの大洪水以前の古代シュメル文化であり、縄文人・サンカ(山窩、三家、三毛)に文明を与えた出雲神族だった。おかげで、金属精錬、竪穴横穴から抜け出し、地上に住むことができるようになった。[出雲神族の伝承][出雲神族の渡来][出雲神族の習俗と祭祀
 サンカ文字や言葉は、古代和文字や和語だと云われている。その中には、出雲神族や初代スサノウに関する物語が残されている。八重垣をの和歌の意味としては納得できる。
 尚、神武天皇の子供の頃を祀る「サノ神社」、スサノウは「崇サノ王」とすれば、神武天皇のもスサノウも武王の意味だと思います。加えて、「相模」⇒「サ神」ですから、武王という意味です。「相模ヶ原」は、武王の陣、つまりベースキャンプ地のことでしょう。
 記紀をシュメル語で解読した本や、ヘブライ語で解読した本はあるが、古代和語を現代語に直した本がほしいと思います。


---ニビル星の「永遠の双子」について
 ドゴン族神話では、惑星が双子で、つまり対で創造される。そして互いの写し鏡として対の神々ノンモが惑星の守護神として存在する。この神話と文明を伝えたのはシリウス星人だとされていたのですが、先生からのメモではニビル星人だそうです。つまり、大統領制のシリウス星人とは、王政のニビル星人とは精子思想を別途する種族だということです。[宇宙人オアネスが交流したドゴン族
 古代シュメルの「太陽系創造神話」では、必ず双子で惑星が創造される。その惑星は陰陽、男女として。[太陽系の創造][ニビル星誕生
 また、ニビル星の永遠とも思える戦乱は、南北王朝から、王と女王が選ばれ統一王朝を築いた。[エンキの記憶
 つまり、イザナギ・イザナミが国産みをするのと同じで、男女の和合(相補性)が基本なのです ── 双子の永遠の原理。
 ところが、マルドウク大王の場合、EL様とダビデを永遠の双子として、地球の平和を願った。しかし、これは間違いで、ダビデの王権への野望と、EL様への嫉妬心故に失敗した。


追記:巨人族と小人族について

 イカの線刻文字を見ると、どうもイカ人も2m前後だったようだ。さらに、ミカエル様もまた2mを超えるくらいの身長だったとおしゃやっています。だから、ティアマト・フェイトンを起点とする「生命の種」から進化した人類型生命体の成人男性の身長は約2mだと、仮定する。
 12黄道に撒かれた生命の種により生命体が発生した場合、その母星が重たければ小さく、軽ければ巨大になると推測されます。
 ノアの大洪水以前、昔からの英雄、一つ目の巨人やダイダラボッチのような巨人、ニビル成人クラスの巨人、シュメル人や縄文人が住んでいた。今、ノアの大洪水により地球の質量が増大したので、比較的新しい動植物の種族は小型化する。
 だから、二種類の巨人の小型版が創造され、4種類の巨人に増える。また、人類も比較的新しい種族は小型化して、小人族などを創造する。動物の場合、大型動物の小型版が創造され、飼い猫のような将来ペットとして人類と共存する動物も創造される。ペットに関しては、第九代ニビル統一王のアラル様がニビルには、ノアの大洪水以前の地球には、ペットのような愛玩動物は居なかったと証言されています。

追記:神社は、縄文・イスラエル・古代シュメル・他の統一の象徴

 イカのペトログリフを日本に紹介した画期的な著書『イカの線刻石』では、ペトログリフを「線刻文字」と和訳しています。一方、日本にあるペトログリフについては「岩刻文字」と一般的には呼ばれていたので、外国のものと日本のものを区分けするには非常に便利な用語です。

ペトログリフ - Wikipedia

 ペトログリフ ( 英語 :petroglyph)とは、 象徴 となる 岩石 や 洞窟 内部の壁面に、 意匠 、 文字 が刻まれた 彫刻 のこと。. ギリシア語 で 石 を意味するペトロとグリフ(彫刻)の造語である。. 日本語 では 線刻 ( 画・文字 )と呼ばれたり、 岩面彫刻 、 岩石線画 、 岩面陰刻 と訳される。. 似たものとして岩に描くペトログラフ(岩絵)があるが、 学問上 ...
 当初「日本岩刻文字」の研究の第一人者・吉田信啓氏は、日本ペトログラフ協会を設立した。当時、欧米を中心として「ペトログラフ」の研究が盛んになったが、その物証が非常に少なかった。
 ところが、日本では、神社の禁則区域などにしめ縄を張られた大岩や、祠などにペトログラフが残されている事例が多々発見された。そこで、学会で発表すると、こんなに沢山の物証が日本に残っていることに研究者が驚愕したそうです。そして、縄文人が米国の太平洋側に渡来して文明を伝えたこと、アジア諸国にも渡来していることが次々に発見されていった ── 日本のマスコミや正統と自負するおバカな学会では見向きもされなかった。
 しかし、日本の神社は鳥居から始まる聖域、そして二頭の狛犬(一角獣とライオン)に守られているのだが、これはイスラエルの二氏族(一角獣:エフライム族、ライオン:ユダ族)が司祭を執り行っていることを意味している。しかし、イスラエル司祭が神社に祀っているのは、第四代ヤハウエ・天照大神だけではなく、禁則域に祀られている縄文の神々・古代シュメルの神々・出雲神族の神々・ソロモン時代の第三代ヤハウエなどなども一緒に祀られており、まさに、当時の神々がすべて統合されてる。これが大和朝廷の三種の神器であり、ヤマト民族統合の証であるのです。だから、宗教戦争が日本では起こらなかったのだが、現正法も司祭はキリスト教の形だが、その内にはキリスト教の神々のみならず、仏教、イスラム教、古代シュメールの神々、旧約の神々などが祀られていて、宗教の根源は一つだと謳っている。
 さて、太陽神には二つの属性があります。太陽の熱・炎・火の属性と、光・日光の属性です。
 太陽神第三代ヤハウエ(エジプト神・マルドウク、太陽神ラーであり、アメン・ラー)は熱・炎・火の象徴で、人間の罪を焼き尽くし、厳しい戒律と契約をモーセに与えた神です。
 もう一つの属性である太陽の光・日光は、癒やしと融和の象徴で ── 第四代ヤハウエ・天照大神 … キリスト教の神です。頭から油を注ぎ、沐浴な禊を与えて罪を癒やす、誓約と慈愛の神です。天照大神は七大天使とキリスト教の神々を引き連れて、秦氏一族と共に日本に渡来している ── 宝船に乗る七福神がその象徴です。従って、天照大神は男神です。
 従って、古代神道の系譜を次ぐ「身曾岐神社」や、出雲神社には、未だに「水による清め」と、「火による清め」の二つがありました ── 拝火教にもあります。現代の神社には不可解なことに「火による清め」が無くなり、代わりに修験道などの火を使う山岳信仰が盛んになったようですが、ここに関しては未調査です。
 「火による清め」は、悪霊の断罪である「消滅」という厳しい処断に相当します。人間界では死刑に相当します。

** 司祭一族の変遷

 大和時代は「ト部氏、忌部氏」などが司祭を執り行っていた。「ト」はトミのナガスネヒコにに象徴されるように縄文系の種族の枕詞だ。そして、「イン」は「カイン]に象徴される種族だ。
 次に藤原氏の時代に移るが、「藤原」⇒「富士原」⇒「高天原」のことで、天孫族の司祭一族です。
 次に中臣氏の時代に移るが、「ナカ・トミ」」⇒「ナーガ・トミ」のことで、プレアデス系の縄文一族です。この中臣一族に藤原一族が合流して、以後祭祀を執り行うことになる。

** 神代文字

 世界中のペトログラフを、神代文字で解読するときっと、重大なことが岩に刻まれていると思います。



皆様へ(2021/03/24,4/09 北)

 下記は、天の守護は劇的な奇蹟などではなく、地道なことなのだということの傍証として、個人の経験を記述いたしました。ただし、個人の体質や事情により天の守護の形は変わりますので、このことについてはご了承ください。
 例えば、交通事故に注意するようにと常々注意されているのに、気にしない息子に対して、左膝にオーブの写真で警告されました。気にしない息子は車に轢かれてしまい、幸運なことにもタイヤとタイヤの間に入り込み、膝を擦りむく程度の無傷ですみました。以来、交通事故には注意するようになりました。他の方だと、持病があり日常生活で無理が出来ない方でしたが、医師との話し合いで左胸を下にして眠るように指示をされたのですが、善霊様はそれは良くないと示唆されています。後で考えると、いろいろなことに気づきます。
 ご心配をおかけしましたが、無事退院しました。
条件付きですが … 。

 日曜日に救急搬送してもらい、入院。CTとMRを撮り、個室に入りました。
 担当医が云うには、病状は変動するので2週間は個室で入院して安静にするようにと。次の日も、言葉にのろれつがありました。
 しかし、次の日からは四肢は正常に動くし、階段も大丈夫でした。3日めから言葉の方も徐々に発語が良くなり、3日目の夜には大部屋に移されてしまいました。
 4日めには言葉もはっきりしてきて、担当医は左手が大丈夫かと気遣ってくれていましたが、左手でお箸を使えていました。
 5日めになると、CTやMRIの画像を見せてもらい、医師らがカンファレンスをしているのを聞くのが楽しくなりました。
 というわけで、脳梗塞の方はほとんど後遺症がありません。
 ただし、今回の原因は不整脈だそうで、自宅で2週間は安静です。そして心臓の薬の調整を続けることになり、結局、8日目に追い出されてしまいました。
 仕事はできなくなりましたが、生きています。ですから、PCでのデータ入力や編集作業も、メールも数ヶ月は最低限になると思います。必要な方は、HOPEを御覧ください。

---
 担当医が云うには、病院に到着直後の脳梗塞の広がりが、数日目にはかなり小さくなってしまったとのこと。治療担当の善霊方は直接細胞に作用は出来ないが、手術用具を持った霊体が霊体の部分の手術を行い、広がらない、血栓が流れる処置をしたとおっしゃっていたのでその通りでした。
 医師たちが自分の画像を見ながらカンファレンスしているのを聞いて、彼らがとても不思議がっていること、通常は病状が変動するのですが、一直線に回復しているのが不思議だと、談笑していました。
 ただ、不整脈の方は注意が必要で、薬の調整とともにキチンと服用するようにとの診断です。六ヶ月程度は療養が必要とのことでした。  北

追記:「天は自ら助くるものを助く」
 これ本気で皆さん信じていますか?
 自ら助けようとしていて、しかも現状が法治国家なら、それですでに助けられています。天が助ける必要はないですね。
 天は、その人が天の方針を信じ、希望を見出して努力するとき、そこに多くの妨害と不条理な阻害があれば、人知れずに助けられるのです。
 先生の生活環境、これまでの神の使徒の生活環境を知れば、きっと皆様方は憧れから現実に目覚めて、人間としての幸せを優先されることでしょう。それでも、神は救いの手を差し伸べられています。だれもが、人間=神の子だからです。(2021/03/27)
追記:猫の本心
 自宅には母猫と、その2匹の娘猫がいます。他にも外猫に餌を少し上げています。
 入院から帰宅すると、野良がベランダで待っていました。
 母猫は私に添い寝します。
 娘猫は「黒」と「ミケトラ」の二匹ですが、「黒」はいつものように手の届くところに居て、寝そべっています。
 「ミケトラ」はいつも、手の届かないところに寝そべっていて、少し離れた格好だったのです。ところが、入院から帰ると、「ミケトラ」はいつも私のそばにいて、散歩のときにもくっついてきます。私のことをあたかも介護しているような格好です。
 そして、三匹が代わる代わるに私の側で寝そべっています。交代しながら、監視しているようなのです。
 いつもと違う家猫三匹と、野良猫の気持ちを知ると、猫も人も表面だけを見ているだけでは、本当の気持ちと精神を知り得ないのだと思いました。
 (前月へ)
 (次へ)
 (伝言一覧へ)