◇チェルノブイリで放射線を食べる菌が見つかる
      http://digimaga.net/2008/03/fungus_eats_radiation
 史上最悪の原子力発電所事故を起こしたチェルノブイリで凄いものが見つかった。
 なんと有害な放射線を食べて成長する菌が生まれていた。彼らは生き残るために、
 放射線を食べることを選んだのだ。
 菌は豊富にメラニン色素を含んでおり、その表面を紫外線から守っていた。
 科学者は3種類の菌である実験を行った。通常、植物は葉緑素によって光エネル
 ギーを吸収して成長する。実験では回収した菌に日光の代わりに、有害な放射線
 を与えた。すると菌たちは驚くことにこれらを吸収し、成長していった。



◇放射性物質吸い取る細菌 タンザニアで発見
 田崎和江金大名誉教授は26日までに、タンザニアの首都ドドマ近郊で、ウランなどの放射性物質の濃度が高い土壌中に、同物質を吸着する細菌が生息していることを発見した。福島第1原発事故後、放射性物質で汚染された土壌の処理が大きな課題となる中、「微生物が放射性物質を固定して拡散を防ぐ『ミクロ石棺』として役立つ可能性がある」としており、今月中に福島県で土壌調査を実施する。

 ※ 他にはマコモ、EM菌が放射能を食べるとされている。



◇放射能を取り除く:光合成細菌との関係に付いて

 放射性物質を食べる細菌が以前から有りました。光合成細菌がそうです。放射性物質とは放射線を出す物質の事で有り、放射能はその放射線を出す能力の事です。死の灰は放射能と解釈され、政府が放射能についての科学的知識とどれだけ放射能が漏れ、続けているのか、人体や自然への被ばく状況についてきちんと提示しないこともあり、現在日本中を恐怖に陥れています。死の灰を何とか取り除きたいものです。
 放射性物質が細胞をガン化させる事は良く知られています。その事に付いても調べて見ました。

  ※この米のとぎ汁+乳酸菌は安価でお手軽すが、EM菌,AZの方がより有効です。
   それに、マコモと同じですね。S汚染対策がじつは放射能にも有効とは。

          http://grnba.com/iiyama/more22.html#ws05201
 ◆2011/05/20(菌)
   311以降,最も注目された研究は『放射性物質を微生物で回収』(広島国際学院大)
  だろう。回収法は,セラミックに封じ込められた特殊な光合成細菌が帯びるマイナス
  電気が,プラスイオンの放射性物質を引き寄せる仕組み。これは,放射性物質を電気
  的に引き寄せてエネルギー源にして生き残った光合成細菌の遺伝学的な特徴を上手く
  利用した方法だ。私は,一定地域内を光合成細菌が鞭毛運動で動きまわって放射性物
  質を回収するという『個別訪問回収法』を採用したい。
   じつは,この『個別訪問回収法』は,現在すでに実用化されている。米とぎ汁乳酸
  菌を霧にして肺臓内に吸い込む。その霧の中に,じつは,光合成細菌も含まれていた
  のです。光合成細菌は鞭毛をクルクル回転させて肺内を泳ぎまわって放射性物質を回
  収し,一部は乳酸菌に渡し,残りは痰となって肺の外へ出てくる…。

 ◆2011/05/19(木) 放射性物質に向かって泳ぐ光合成細菌!
   私は,昔,光合成細菌を大量に培養して売っていた。汚水処理装置の性能をアップ
  する微生物資材として売れに売れた。
   光合成細菌を培養して凄い発見をしていた。普段は紫外線ランプで紫外線を照射し
  て光合成細菌を培養していた。ところが,エックス線を照射すると,光合成細菌が猛
  烈!激烈!に増殖するのだ。
  コレがさらにエスカレートし,ラドン→ラジウム→コバルト60と過激化していった。
  光合成細菌は放射性物質を食う! 今,この発見が役立つとは思わなかった.
   もうひとつ。私は,当時,別の発見をしていた。それは,今回の「肺に入った放射
  性物質を痰にして出す!」、放射性物質がある所まで光合成細菌が鞭毛を回して泳い
  でいく!という発見だ。


◇国立遺伝学研究所が、放射線障害の回復にプラセンタ有効
      http://ameblo.jp/e-nal168/entry-10834716507.html
      19822年9月25日の朝日新聞より
 実験は20日以内に死ぬ放射能量を浴びせたねずみを使って、胎盤エキス(プラセンタ)を注射したものとしないものを比べたもの。注射をしなかったねずみは13日から17日で死亡したものの胎盤エキスを注射したねずみは200日以上生き延びた結果がでました。
 プラセンタには、肝機能障害に有効なものと更年期障害に有効なものと2種類ありますが、どちらの成分でも、放射能障害には有効とのことです。

※プラセンタが放射能・放射線障害に有効(アメリカの研究結果)
   放射能とプラセンタ Add comments 4月 082011
   http://skin-care-solutions.net/28



ぐだぐだな政局、見殺しにされた被災者:LiveDoor2011/08/19


 福島県の飯舘村(いいたてむら)は、4月13日の時点で「人が住むのに適したレベルではない」(京大の今中哲二助教)量の放射能が検出されていた。しかし、同村の全村避難がはじまったのは5月15日で、村民の移転が終了したのが7月。ようは、震災から4カ月ものあいだ、チェルノブイリであれば現在も人が住んでいないような放射能レベルの土地に村民を置き去りにしていたことになる。そんな菅総理の辞任が決まった背景は、「脱原発という長期的には正しいテーマを掲げたものの、それを実現する方法もビジョンもなく、相談相手も失ったため、進退が窮まったというのが現状」だと松本氏は述べている。



◇原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ:2011/08/21読売

 政府は20日、東電福島第一原発事故で高濃度の放射性物質に汚染された周辺の一部地域について、長期間にわたって居住が困難になると判断し、警戒区域を解除せず、立ち入り禁止措置を継続する方針を固めた。具体的な地域は、福島県双葉、大熊両町の原発3キロ・メートル圏内などを念頭に精査する。
 政府は4月、原発20キロ圏内を原則として立ち入りを禁じる警戒区域に設定。来年1月中旬までに原子炉が安定的に停止する「冷温停止状態」を達成し、警戒区域を解除する方針を示してきた。
 しかし、文部科学省が原発20キロ圏内の警戒区域内で事故発生後の1年間で浴びる放射線の積算量を推計したところ、大熊、双葉両町を中心とする35地点で、計画的避難区域などの指定の目安となる年間20mSvを大きく超えた。原発から西南西に3キロ離れた大熊町小入野では508.1mSv、同町夫沢でも393.7mSvと、高い推計値を示した。





311 被曝と食事他
 (TOPへ)
 (被曝と換算式へ)⇒
日本全国放射能汚染地帯
 数値はともかく大阪も、北海道も安全で無くなったのが証明された!?
 そして、3次汚染も始まっている。
     http://donnat.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-8380.html

週刊現代より抜粋:2011/07/02号
 一般人の年間被爆限度量は、1mSv/年で、時間あたり0.19μSv/時
 政府民主党は、直ちに健康に影響はない、安全だと繰り返していた。ところが、
 民間研究者に「測った放射線量を発表するな」と官邸が圧力をかけ、「海に流
 れた放射性物質は拡散するから大丈夫」と安全デマを流した。更に、水産庁は
 当初HPで「生物濃縮は起こらない」とデタラメを書いていたが、批判が出る
 と「生物濃縮をし続けるわけではない」と修正したが、生物濃縮を行うのです。
 特に、ストロンチウムは半減期29年で脊髄に蓄積し、内部被曝の原因となる。
 民主党政府は、一般人の年間被爆量を、年令に関係なく一挙に20mSv/年
 (3.8μSv/時)に引き上げた
 この数値は国際放射線防御委員会が緊急事故語の復旧時を想定して決めた値で、
 これが一般生活の基準になるわけがない。自治体も政府に習い「3.8μSv/
 時を下回ったので安全です」と言う。民主党政府も自治体もアテにならないので
 あれば、自分の身は自分で守るしかない。
 武田教授によると、0.6μSvを超えると健康被害のおそれがあり、1.0
 を超えたらすぐに避難すべきだという。


◆都内の家庭ゴミ焼却灰から放射性物質、一時保管へ:産経2011/06/28
 環境省は今月23日、「福島県内の災害廃棄物処理の方針」として、1キログラムあたり8千ベクレルを超える灰については一時保管とし、以下については一般廃棄物最終処分場(管理型最終処分場)での埋め立てが可能とした。
 江戸川清掃工場の飛灰で、9740ベクレル。同工場の主灰や、ほかの清掃工場の飛灰、主灰は8千ベクレルを下回った。

東京新聞 2011/06/163
東電・菅・枝野・経産省の責任は重い!
◇放射能除染効果実証濃度25分の1、汚染土壌5分の1に:2012/01/19北国

 金大の太田教授と三井住友建設の共同研究グループは18日までに、同教授が開発したセシウム吸着剤を活用し、独自に開発したシステムを用い、土壌の除染に成功した。福島県の伊達市で行った実験で、除染後の放射能濃度を25分の1、処分が必要な汚染土壌の量を5分の1に低減できた。今後本格化する公園や学校などの陰染作業で活用が期待される。
 昨年12月から伊達市小国ふれあいセンターの運動場約2500平方bで行われた実証実験では、地表部で1`当たり約2万Bqあった放射能濃度が約800Bqに下がった。


◇『リンゴを皮ごと食べれば腸がきれいになる!』
         …富山大学名誉教授 田澤賢次著

 リンゴの皮には食物繊維、カルシウム、カリウム、鉄分、ビタミンA、ビタミンC、ポリフェノールが含まれる。
 「アップルペクチン」が、食物繊維でリンゴの皮に多く含まれる。含有量1位は王林、以下順にレッドゴールド、ふじ、千秋、陸奥、茜、ジョナゴールド、スターキング、紅玉。
 アップルペクチンの効用を下記列挙します。

*放射性核種であるセシウム137の排出
東欧ベラルーシの論文『チェルノブイリ地区の放射性物質からの解放』より
被ばくした子供たちがアップルペクチンを服用して、体内セシウム137の減少率は3週間で63.6%、2年半で5分の1に減少)
*腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を排除。
 (腸内細菌の研究はNASAが一番進んでいるそうです。)
*腸内の活性酸素の発生を除去
*大腸癌の発生と肝臓転移を防ぐ。
*O−157、便秘、糖尿病、動脈硬化性疾患、高血圧、抗がん剤による敗血症の予防
*血液を浄化しサラサラにする(良質の水も小まめに飲みましょう。)
*ダイエット

「アップルオリゴペクチン」とは
 高温加熱処理した分子量の小さいアップルペクチンで、より効果が高い。サプリもある。

「焼きリンゴ」はオススメ
作り方
@竹串等で皮つきリンゴ全体に穴をあける。(穴をあけないとリンゴが破裂するおそれあり。)
Aリンゴを横半分にカットして、芯をスプーンなどでくり抜く。
Bくり抜いた芯の穴の中に、バターと砂糖とシナモンを詰めて、上下合わせる。
C180℃程度のオーブンの中で、40分〜1時間焼いて出来上がり。
焼いている途中で果汁が出るので、耐熱皿やアルミ箔などを下に敷いておきましょう。レンジでも可。
Dまた、皮つきリンゴとヨーグルトを一緒に摂るのもオススメ。
 1日1個〜7、8個食べる人もいます。


◇放射線被ばくの対策に重曹(炭酸水素ナトリウム)が効くようです

 お風呂でシャンプーに混ぜる、浴槽に入れる、洗濯時に洗剤と一緒に入れる、お掃除のときに床にまいて掃除機で吸い取る、お料理の下ごしらえ時に野菜を重層で洗う、などなど。
 百円ショップでも売ってますし、むかしからお掃除や料理に大量づかいしている海外の大袋詰めもネットで安く買えます!(おふろにお塩と一緒にいれるといわゆる「美人の湯」の成分になってツルツルにもなります(^◇^))

 食品グレード(野菜洗いはコレ?)とそうでないもの、小麦風のパウダー状のもの(掃除に向いている)とグラニュー糖みたいなサラサラのもの、などイロイロあり、用途に応じて選べます。
一応、原子量安全委員会でも推奨しています。緊急被ばく医療のあり方について
http://www.nsc.go.jp/shinsashishin/pdf/3/ho3029-2.pdf


以上
妻と訪れた三ヶ月目の被災地:Will2011年8月号より抜粋

 実家を福島に持つ吾妻夫妻が、20キロ圏外の被災地で目にした光景ですが、その原因が放射能によるものかの断定はしていない。
 浜通りを走ると、鮮やかな緑の中で、竹林だけが茶褐色に染まり、枯死したかの様に見える。いわき市や隣接する平田村のタケノコからは、暫定基準値オーバーの放射性セシウムが検出され、出荷制限を受けた。平田村の竹林はいわき市以上に枯れている。
 「竹は放射能に弱いらしい。だから葉っぱが枯れてしまう」、「放射線量がいわき市より高いから(その分竹林が枯れている)。竹林があるのはほとんどが家の近くだから、外に出るたびに気になってしょうがない。」と地元では不安がっている。
 葉っぱだけではなく、地面に顔を出したばかりのタケノコが何本も枯れているのをこの目で確かめている。畑では、ヘビだけではなく、カラス、ツバメも殆ど見かけない。例年なら、ジャガイモ畑がイノシシに荒らされてしまうのだが、それが今のところ一切無い。
 魚介類汚染で最も警戒すべき放射能物質は、人体内半減期が18年のストロンチウムだが、国の検査項目に入っていない。自治体任せになっており、しかも国の指針は、頭、内蔵、骨を取り除いた見肉だけが検査対象だ。性質がカルシウムに似たストロンチウムは骨に取り込まれるため、魚骨除外の検査はまさに骨抜きで意味が無い。骨を取って秋刀魚を焼くバカは居ない。骨付きで鍋物につけに使う魚はいくらでもあると、腹が立ってならない。
 健康のためだと言って玄米をやったらダメだ。あの茶色の薄皮に放射能が吸われるんだから。今年の玄米は不健康食になるねと、農家の方。



奇形動植物は何を物語っているのか:(日刊ゲンダイ2011/6/23日)
       ※他 http://matome.naver.jp/odai/2130435304692437501
          http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/819.html
●いわきの菜の花をはじめ次々と情報が… 抜粋
 5月頃から続々と目撃情報が出てきたのが、“奇形”として話題になっている耳のないウサギをはじめとした動植物の存在だ。
        http://watch2ch.2chblog.jp/archives/3757366.html
        

 有名なのはいわき市の公園の土手で見つかった奇形菜の花。採取した市民活動団体は「土手は菜の花畑のようになっている草むらなんですが、奇形の菜の花が探すまでもなく、そこら中に目に付くように生えています。異様な光景です」と言う。
 基準値を超える放射性物質が出た「足柄茶」の産地・神奈川県では、高さ2メートル、茎の直径約10センチの巨大化したノゲシ(キク科)や寺の境内に一部膨れ上がった葉っぱを見たなど日刊ゲンダイ本紙にも続々情報が寄せられている。
 奇形動植物と放射性物質との因果関係はいまだ不明だが、原発事故以来突如現れた“奇形”の目撃情報は確実に増えている。
 国民に不安を与えないためにも、政府は調査を急ぐべきである。
福島県、除染で大幅に線量減少 小学校で実証実験
 福島県は26日、福島市内の小学校で敷地内や通学路の放射線量を測定、高圧洗浄機などを使った除染で、どれだけ線量が減少するか調べる実証 実験を始めた。
 この日は福島市立第一小学校で実施。
 地上1センチで毎時47マイクロシーベルトと高い数値だった校舎の一 部壁際では、地表のコケを取り除くだけで5・1マイクロシーベルトに 低下。デッキブラシや洗浄機で丁寧に清掃すると、1・0マイクロシー ベルトまで下がった。

 
 日本ポリグルの技術は、東南アジアの各国で飲めない水を飲める水に変えて来た。
納豆菌を使って水中の不純物を固めて取り去る。汚れて底が見えない池の中にその
水溶液を撒き、丸一日で水は透明になり底の見える池に変わりました。

◆魔法の粉紹介:実験では要素が百%の確率で取り除かれていた。
     Http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber3/preview_20110419.html

◆公開実験:報道陣の前で放射性ヨウ素を水から取り除く処理を公開。
 大阪湾からくんだ水に、液体のヨウ素をいれて薬剤を投入したところ、見事に分
 離に成功したようです。
     Http://www.youtube.com/watch?v=ILcjDzmgodk
     http://imashun-navi.seesaa.net/article/194419981.html
お役に立てば幸いです。 2011/06/22

 先月、阿部一理先生(日本を放射線被曝から守る会会長)の講演会『あなたは大切な人を放射能から守れるか』に行きました(尚、阿部一理・堀田忠弘著『放射能汚染から命を守る最強の知恵』も参考にしてください)。
 要約すると、血液は骨髄ではなく小腸で作られるが、被曝で小腸がやられる。また、免疫細胞の60%は腸管にある。そこで、腸内細菌を増やすことや、小腸の復活が有用となる。マクロビオティックの考え方で賛否両論ありますが、身体の声を聞きながら、極端にならないように実践しては、と思います。
◆効果のある食べ物としては、以下の通り。
  ※味噌(生きた酵母菌の入っている本当の味噌)
  ※玄米を約12時間ほど水に漬けて、発芽モードにしてから食べる(アブシジン
   酸とい言う毒素を消すため)。
  ※天然塩、海藻類、発酵食品、ミネラル、菜種、麻の実
  ※ひまわりの種(95%放射能を吸収) … 驚きです!!
  ※甘味料は果糖・メイプルシロップ・羅漢果
  ※国産無農薬納豆 … 編集者追記
◆白砂糖、牛乳他、農薬漬けの食べ物は避ける。
  農薬漬けの小麦粉、うなぎ、はまち、鶏肉は、薬漬けだそうです。
◆HPを調べると、
  ピーナッツ、大根、キャベツ、わさびなどのアブラナ科の野菜、玉ねぎ、梅干し、
  漬け物、玄米コーヒー、ビール、根菜類、タンポポ、ヨモギ、酵母、酵素、
  ゼオライト(沸石)という鉱石(福島や山形に多く埋まっているそうです)が有用。
  マシュルーム類は不可。
◆『水からの伝言』で有名な江本勝氏関係の情報です。
 放射能汚染に対しての恐怖や精神的ストレスで免疫が落ちている。
 ※放射能対応水『エムレットエンジェルウォーター』(チェルノブイリ原発事故の
  時汚染を受けなかったある山岳地帯の村の水を人工的に作ったらしい)
 ※麻(麻の栽培を進めておられる。)
 ※ホーリーバジルという植物
                          以上
(追記)
◆「EM」は有用微生物群:EM活用の自然農法:琉球大学教授 比嘉照夫氏
 EM菌(などの良性のバクテリア)は、工業・医療・環境衛生始め多くの分野に無限の可能性を広げ人の生命にかかわるだけに半導体以上に世界を変えていくと予感している。
 最近は、EM菌が放射線を消去する事が証明されている。ロシアのチェルヌブイなどの放射能に汚染された土地にEM菌を散布すれば放射線が消去されるだけではなく逆に今まで以上に素晴らしい野菜が、育つ事が証明されている。水銀、ダイオキシン、カドミウムなど金属で汚染された土壌の浄化にも成功しています。

◆ヒマワリが放射能汚染を20日で95%も除去してくれるそうです。
 1995年に米ラトガーズ大学のスラビック・デュシェンコフ博士ら旧ソ連出身の植物学者達が、チェルノブイリ原発から1キロ離れた池で20種類の植物を栽培し、ヒマワリがセシウム137を根に、ストロンチウム90を花に蓄積することをつきとめた、という研究報告がある(日本テレビ系(特命リサーチ 200Xより)。
 吸い上げてストックした段階で放射性物質を含んでしまうので枯れたあとの処理がまた大変ですが、まるで腐海のような大自然のメカニズムに感動しますね!
              

http://weathernews.jp/tohoku_quake2011/gensai_survey/result/
 ウエザーニュースによる大震災へのアンケート結果です。
 大震災当日の行動に何が必要だったかが、アンケートを元にまとめられています。
 災害は必然的に起こるものですが、二次災害を防ぎ、人災を小さくするのに役立つ
 と思います。

政府が本当の危険を告げないために、日本はさらに深刻化している
   http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/

ただちに影響はない→今すぐ死なない→安全です! 政府の責任は重い!!
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1308496434/
放射能について正しく学ぼう!
http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html
 (TOPへ)
 (被曝と換算式へ)⇒